読解力

読解力とは文字の通り、文章を読み解く力のことを言います。

しかし、ただ文章を読み内容を理解するだけが、読解力があるとうわけではありません。

文章を読み理解し、考えたり、感じたり、思ったりする創造力や思考力も読解力に含まれる必要な力です。

また、考え思ったことを話したり書いたりする表現力や発信する能力も読解力に含まれる必要な力と考えられています。

この読解力はOECD(経済協力開発機構)が3年毎に行っている学力到達度調査の結果を見ると、日本の成績は年々と低下していることがわかります。

ゲームやテレビの普及により子どもたちが本から離れていることが原因ではないかと考えている方たちが多くいます。

最近では、学校に時間内に本を読む時間を設けるなど、読解力の向上に力を入れている学校もあるようです。

このページの先頭へ