書道

小学生の頃に書道をやったという思い出はありますが、私はその当時は特に考える事なくやっていました。

しかし、大人になった今になって考えてみると、書道という教科にはいろいろな力が涵養(かんよう)されたと思います。

まずは、漢字の正しい書き順を覚える事ができて、さらに知らない漢字を知るようなことも多々ありました。

そして、文字をきれいに書くという事の重要さを教えられて、しっかりとした文字を書く事ができるようになりました。

書道は楽しい授業の一つですので、小学生にとっても面白さを感じる事ができるものの一つだと思います。

こういう座学以外の授業というものは、様々な体験をできるので、小学生の人格形成に大きく影響してくると考えられます

このページの先頭へ