教材を選ぶポイント

通信教育に限らずいろいろな教材を選ぶポイントはどういったところでしょうか。

いくつか考えられるポイントを挙げたいと思います。


★目標・目的に合わせて選ぶ

まずはどういった目的で通信教育などの学習を始めるのか。

学校の勉強の理解度を高めるため、より幅広い学習に取り組むため、中学受験用の学習など、子供・家庭により様々な目的があると思います。

目標や目的により合った教材を選んでいきましょう。


★学力で選ぶ

あまり難しすぎる教材を選んでしまったり、逆に簡単に溶けすぎてしまう教材を選んでしまわないよう、子供の学力に合わせた教材を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

向上心、やる気などが子供に芽生えるよう、達成感などがしっかりと感じられるようにしていきたいですね。


★学校の教科書で選ぶ

通信教育は教科書準拠といって、実際に学校で使用している教科書の内容に沿った教材を提供しているものもあります。

学校の勉強との相乗効果も見込まれると思いますし、予習・復習にも活用できます。


★添削で選ぶ

毎月1回or2回の添削テストを実施している教材も多くあります。

進研ゼミの「赤ペン先生」などは有名瀬菅、各教材それぞれに特徴がありますのでじっくり比較対象して選んでみましょう。


★シュミレーションをしてみる

実際に通信教育などの教材を始めた場合のシュミレーションをしてみましょう。

学校の宿題や塾・家庭教師との兼ね合い、時間・量はどの程度かなどを考えてみることも必要です。


★友達の意見を聞いてみる

実際に使用している友達やその親に意見を聞いてみるのも良いと思います。

真菜の実践者の声は重要なポイントだと思いますので、身近に使用している人がいれば積極的に意見を聞いてみましょう。


いくつかポイントを挙げてみましたが、ほかにもいろいろなポイントがあると思いますので、総合的に一番良いと思う教材を選び取り組んでみましょう!

このページの先頭へ