小学生の通信教育教材の特徴で選ぶ

各教材それぞれに様々な特徴があります。

添削がある教材、学校の教科書の内容に沿った教科書準拠の教材や、
中学受験に対応したコースがある教材、中学生・高校生または幼児など他年代対応コースがある教材など、通信教材を選ぶポイントになります。

では大きな特徴を比較してみましょう。

特徴の例

添削あり
<テスト添削制度がある教材>

    

一部有料オプションとして添削を行っている教材もあります。

主な添削システムは、月に1回にテストを行い、テスト用紙を送り、専門の添削者が添削後自宅へ返信してくれます。

添削だけでなく、解説や補習問題などを書き込んで理解度を高めるように工夫された教材もありますので、詳しくは各教材のサイトでお確かめください。


教科書準拠
<学校の教科書に沿った内容の教材>

   

学校の教科書に沿った教材であれば、学校の勉強との相乗効果で理解度を高めたり、
予習や復習としての教材の利用なども行うことができます。


他年代教材あり
<中学生・高校生または幼児用のコースや他年代教材がある>

    

中学生コースがある教材であれば、継続して取り組むことができますし、
逆に幼児コースがあれば兄弟姉妹で一緒に取り組むこともできます。


資料請求あり
<資料請求やサンプル教材がある>

    
 

資料請求やサンプル教材を取り寄せることで、詳しくその教材を知ることができます。
申し込む前にしっかり比較検討が行えますので、じょずに活用していきましょう。


その他特徴の一覧は下記のページをご覧ください。

通信教育の特徴一覧

このページの先頭へ